妊娠するために1

妊娠中にタバコを吸うと、早産や自然流産になりやすいといわれています。タバコの本数が多いほど、赤ちゃんはできにくくなります。

自分がタバコを吸わなくても、まわりの人が吸うタバコも妊娠に影響します。漂ってくる煙は女性にとって良くありません。

タバコは、また男性の精子の数や運動率が悪くなり、受精能が低下するといわれています。


妊娠するためには、禁煙がポイントです。