不妊治療の流れ

一般的な不妊治療の流れでは,排卵のタイミングを正確に予測して妊娠率を高める「タイミング療法」に始まり,1年程度取り組まれる方が多いようです。

タイミング療法で子供が出来なかった場合は,パートナーの精子をドクターが選別して、元気で健康な精子だけを女性の体内に入れることで妊娠率を高める「人工授精」となります。
人工授精の費用は、数千円から1万円と比較的安価です。

その次は、卵子と精子を採取し体外で人工的に受精させ,その受精卵を女性の体内に入れる「体外受精」となります。
体外受精の費用は、1回当たり約30万円程度です。
体外受精も、必ずしもうまくいく保証はなく、受胎するまで何回も繰り返すと、その費用も高額になります。