不妊症の漢方治療

不妊症は漢方てきな味方をすると、血の道が細くなっている状態と言えます。

血液の流れが悪いために冷えが強い場合は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温経湯(うんけいとう)などを処方することがあります。

薬に頼らず、日頃の食生活を改善することでも効果があります。
甘いものは、カラダを冷やす原因ですから、ケーキや清涼飲料水は控えましょう。
また、コーヒーやお酒も、カラダを冷やします。

ゆっくりしたいときなど、たまには甘いものもいいですが
、毎食後にケーキを食べたり、毎日コーヒーを飲んだりすることは、冷え性の原因となりますから控えた方がいいでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5468631

この記事へのトラックバック

不妊症 漢方 治療
Excerpt: もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!健康な赤ちゃんを産むことができる!『失敗しない妊娠術』 ・不妊治療の本も読んでやってみた。・産婦人科の先生にも診てもらった。でも、妊娠することがで..
Weblog: 不妊症 治療法 口コミ情報
Tracked: 2007-10-13 14:41